男性機能低下の改善が見込めるED治療薬レビトラ錠についてまとめました [早漏防止]

post by 性器増大薬 / 2015-9-8 17:10 Tuesday
男性機能の低下について、前向きにED治療薬での改善をお考えの方に、どのようなED治療薬があるのかを、お薬別に調べました。

今回は、レビトラ錠について、お伝えしたいと思います。

 

レビトラ錠についてカンタンに説明します

レビトラ錠は、2004年より、バイエル薬品株式会社が製造販売している勃起不全治療剤です。夜狼神

別名、パルデナフィル塩酸塩水和物錠で、現在は5㎎、10㎎、20㎎の3種類が販売されています。

 

通常は、10㎎を性交しようとする1時間くらい前に服用します。1日1回までです。服用すると15~30分後には効果が現れるとされ、持続時間も約4~8時間とバイアグラ錠よりも比較的長いようです。

10㎎で十分な効果が得られなかった場合で、医師が処方しても問題がないと判断した器質性EDの方、または混合型勃起不全と判断された方には20㎎までの増量が可能とされています。

しかし、65歳以上の方、中等度の肝障害をお持ちの方は、5㎎を開始用量とし、最高、10㎎までの服用が可能なようです。

 

レビトラ錠服用でも副作用の可能性はあり、その副作用とは?

レビトラ錠の副作用について、バイエル薬品株式会社が発行しているレビトラ錠の添付文書には次の症状などが明記されています。それでは、詳しく見ていきましょう。

 

ほてり、高血圧、心悸亢進、頻脈、頭痛、めまい、不眠症、異常感覚、傾眠、めまい、肝機能検査異常、γ-GTP上昇、鼻閉、呼吸困難、副鼻腔うっ血、鼻出血、背部痛、筋肉痛、瘙痒、発汗、紅斑、消化不良、眠気、腹痛、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、視覚異常、霧視、彩視症、結膜炎、眼痛、羞明、耳鳴、流涙、無力症、胸痛、灼熱感、CK(CPK)上昇(心筋梗塞などへの影響)、異常感、勃起増強(勃つと痛い)などです。極品狼1号

 

レビトラ錠の副作用は個人差がありますが、上記のような症状が報告されているようです。

 

ED治療薬服用で意外な事態に、持続勃起症という症状もあるのでご注意を

レビトラ錠の副作用には勃起増強(勃つと痛い)という症状が現れるようです。

これに関連して、お伝えしておきたいのは、ED治療薬服用で、注意をしないといけない事態というものがあります。ED治療薬の作用は、男性器への血流の促進なのですが、性交をして、射精をしたにもかかわらず、4時間以上、痛みが伴う勃起したままの状態が持続してしまうのは、異常事態です。持続勃起症ともいいます。

薬の効果でずっと勃っていると思いがちですが、ED治療薬は、性的刺激を受けないと勃ちません。そして、性交で射精をしたあとは、元に戻ります。

 

4時間以上、勃起したままの状態が持続してしまうようであれば、恥ずかしがらずに速やかに病院や医療機関に向かって然るべき処置を受けてください。

放置してしまえば、最悪、男性器(海綿体組織)が壊死してしまい、二度と勃起できなくなるおそれがあります。

 

これは、本当にこわいことですよね。この症状は、レビトラ錠にかぎったことではなく、バイアグラ錠やシアリス錠でも同様に注意が必要です。

ED治療薬は、催淫剤や性欲増進剤ではありませんので、勃起がずっと続くわけではないということを覚えておいていただければと思います。

 

偽物や模造品に注意!レビトラ錠の特徴についてご紹介

レビトラ錠は、淡い黄赤色で、丸い形のフィルムコーティング錠です。

表には用量が「5」「10」「20」と刻印され、裏には、バイエルのロゴマークが刻印されています。ED治療薬には、偽物や模造品も数多く出回っています。なかには、命にかかわることもあり得ますので、個人輸入など病院や医療機関以外で手に入れる行為は非常に危険です。

 

価格も、決して高価ではありません。病院や医療機関によっては初診料や診察料は請求しないところもあり、実質、お薬代だけで済むような場合もありますので、安全な治療のために病院や医療機関を受診して正規のED治療薬を購入するようにしてください。御秀堂養顔痩身カプセル第2代  V26Ⅲ速效ダイエット  V26即効ダイエット

« 男性機能低下(ED)を改善したい!ED治療は命にかかわるって本当? | 髄膜炎、脳炎»

Quote:

Browse