ゴーヤー茶のダイエット [ダイエット]

post by 性器増大薬 / 2014-7-26 17:44 Saturday
「にがうり」を「ゴーヤー茶」として飲む
ゴーヤーはアジア原産のウリ科の植物です。沖縄では昔から日常的に食されているゴーヤーチャンプル等、栄養価の高い野菜のひとつです。独特の苦味から「にがうり」とも呼ばれ、この苦味の成分や、種子に含まれる共役リノレン酸(CLA)の働きがダイエットや日常の健康維持に役立つことが分かってきました。こんなゴーヤーをお手軽にゴーヤー茶として飲む活用法が浸透しています。V26Ⅲ速效ダイエット

ゴーヤー茶の苦味成分
ゴーヤーが苦いのは、表面のイボイボ周辺に含まれている苦味成分モモルデシチンや、ククルビタシン、アデニンによるものです。苦味の成分の中にビタミンC、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの栄養素がバランスよく含まれています。沖縄の人は夏になると、ゴーヤーのこの苦味を含んだ料理の数々を楽しんでいます。ゴーヤーが夏野菜の王様と知られているのはこのためです。しかし、ゴーヤーは夏だけで利用するには、もったいないほどの様々な栄養素が含まれています。最近では、こんな栄養豊富な食材を年中賞味できるように、ゴーヤー茶として飲まれる女性が増えています。

ゴーヤー茶のダイエット成分
ゴーヤー茶の種子の中に含まれる共役リノレン酸は話題のダイエット成分です。共役リノレン酸を含む食材はあまり多くなく、ゴーヤー茶がダイエットに注目される理由のひとつです。共役リノレン酸は食べると体の中で代謝され、素早く共役リノール酸に変わります。共役リノール酸はCLAとも呼ばれ、体脂肪の燃焼を促進する働きが確認されている成分です。

ゴーヤー茶のビタミンC
ゴーヤーにはビタミンCが非常に多く含まれています。一般の野菜に含まれているビタミンCは加熱するとほぼ半減しますが、ゴーヤーのビタミンCは加熱しても殆ど失われないほど、強いビタミンCです。ビタミンCは人間の体の中では生成することができません。したがって、食物から摂取するしかないわけです。必要な量のビタミンCを摂取するためには他の生野菜なら大量に食べる必要と、熱を加えればビタミンCが減るという事になります。一方ゴーヤーなら炒めてもゴーヤー茶にしても殆どビタミンCが減少しないため、ビタミンC不足の方にもお薦めできます。挺三天

« 貴方の知らなかったサプリメントの飲み方 | メタノール中毒»

Quote:

Browse